2002/09製作開始

スタジオジブリ「千と千尋の神隠し」に登場する

油屋

のペーパークラフトです。

我が父はペーパークラフトが趣味なのですが、「千と千尋の神隠し」を見て「油屋」を造り始めました。
複雑怪奇な構造に惹かれたそうですが、図面を起こして不合理なのに気付いたそうです。
つまり、各場面で構造が違うらしいのです。
しかし、そこは創造力をはたらかせて何とか完成しました。

私は製作にはまったく関与していませんが、
想像以上に良く出来ていたので掲載することにしました。

我が父上は昭和6年生です。
パソコンも自分で操作しています。
けっこう凄いです。

DVDを何度も見て、書籍から構造を予測して立体にして行きました。
縮尺は100分の1で、基本的に紙で出来ています。
障子や格子などはパソコンのグラフィックソフトを使って表現しています。
実際の大きさが分らないと言う方のために、タバコの箱を置いてみました。
油屋の全景です。100分の1とはいえ、結構大きくなりました。
千尋が渡った配管や登ったハシゴもちゃんと表現されています
ほぼ完成状態。後は旗や細かい装飾をすれば完成です。