CONTAX T2

2008/09/02

本格的な撮影旅行に行く時など、35mm一眼レフとコンパクトカメラ(当時はバカチョンカメラと言っていた)を両方持って行ったものです。
旅先での人物のスナップなどはコンパクトカメラの方が相手が緊張せず自然な表情が撮りやすかったですね。
しかし、コンパクトで高性能な(特にレンズ)カメラはなかなか見当たりませんでした。
そんな時、京セラのカメラブランドCONTAXから単焦点の高性能コンパクトカメラが発売されました。
当時、「こんな高額なコンパクトカメラが売れるはず無いだろう」と批判的な意見が多かったのですが、予想に反して好評だったようです。

コンタックスT2プラチナコーティング。
これはボディにプラチナコーティングをしてある限定版です。
木箱に彫り込んであるCONTAXの文字。
なかなか格好良い。
木箱を開けたところ。
ソフトケースや専用のセーム皮、ネーム入りのミクロクロス等が入っています。
もともと高級機種ですからビューファインダーにサファイアガラスを使ってあったりしています。
個人的には歪も少なく自然に撮れるこのレンズが好きです。
カールツァイス・Tスターレンズ38mm/F2.8。
どちらかと言うと無骨な感じのデザインですが、重厚感があって、ずっしりと重いのがマニア心をくすぐります。