2014年の更新記録

ホームページの更新や変更で無くなったり名称が変わったページもあります。
ご了承下さい。

2015/01/01更新

2014/12/20

監督不行届

TOP画像更新

「監督不行届」のDVDを買ってしまいました。
漫画本は持っているし、動画はネットを探せば見られるので、購入する意味があるのか迷いつつ買ってしまいました。

これは、漫画家の安野モヨコ氏とその夫である庵野秀明氏(エバンゲリオン等の監督)の夫婦生活を綴ったものです。
私が知るきっかけは、SFヲタクが集うメーリングリストでした。

なぜ、わざわざ取り上げたかと言うと、漫画本の最後に書かれている庵野秀明氏のあとがきがとても良かったからです。
妻に対する愛情溢れた文章を読んで、思わず涙してしまいました。

庵野監督は「風立ちぬ」で堀越二郎の声を担当していますが、この時、妻を思い浮かべつつ堀越二郎役をつとめたそうです。
まぁ、ウマイかヘタかはおいといて。(笑)

夫婦仲良しと言うのは羨ましいなぁ。

さて、今年の更新は、これが最後です。
良いお年を。

閑話休題

自民党圧勝

おおかたの予想通り、総選挙において自民党が圧勝しましたね。
さぁ、国民は安倍晋三に白紙委任状を渡したわけだ。
これから日本がどうなるのか楽しみだなぁ。
小泉政権から続いた格差社会の強化は安部政権で行き着くでしょう。
アメリカの言いなりですからね。

ただ、憲法改正に必要な2/3の票が取れなかったのが残念ですね。
もし、取れていたら・・・憲法改正できたかなぁ、できなかっただろうなぁ。
ヘタレだから。(笑)


夢見る夢子の夢破れ・・・

全世界が期待したスタップ細胞はおおかたの予想通り、存在しませんでした。(大泣)
それにしても、小保方晴子はこの期に及んでも「実験環境が限られていた」などと言い訳を言って、自分の非を認めようとしていません。
これが成人男性だったらマスコミから袋叩きに会い、社会的に抹殺されるところです。

やっぱり日本は女性に甘いね。(若くてかわいいと言う限定付きだけど)
単独記者会見を開いて、とことん追求すべきですよ。
理研の組織が悪いとかなんとかマスコミ自身が言っているけど、一義的には小保方晴子が落とし前をつけるべき事象です。

まぁね、研究を進めるうちに
「こんな細胞があったらいいなぁ」
「いや、あるに違いない」
「あるはずだ」
「ある!」
「あった!!」
そして「ありもしないもの」が「あった」ように錯覚して、「ある」と信じ込んでしまう。

カルト宗教に騙される人やエセ民間療法に騙される人は多々いますが、「ある」と思い込んで多数の人を騙す。
そういう人は本人が騙している自覚がないので真実に思えてしまうんですね。

小保方晴子よ、お前は嘘つきなんだぞ、自覚していないだろうが。
自分は嘘をついたと認めない限り、人生やり直せないぞ。
原因や責任は自分にあると自覚しない限り再出発はできないぞ。


蛇足

本当に危険な国は

アメリカですね。

今、ロシアに対して金融戦争を仕掛けていますが、これって物凄く危険ですよ。
歴史をふり返ると、経済が成り立たなくなったから最後の手段として戦争を起こしています。
アメリカも経済的に切羽詰っているのでしょう。

石油によるルーブル下落は、ロシアの経済を破綻させるかもしれません。
アメリカは「負けを認めて白旗を上げろ」とロシアに迫っているのです。
危険な賭けですね。

地球のあちこちがキナ臭くなってきました。
「戦争を知らない子供たち」だった私たちは、このまま戦争を知らない老後を過ごせるのでしょうか。

本当に戦争が好きな国だなぁ、アメリカは。
やっぱり本土を攻撃された事が無いからだろうか?


2014/11/04

月食2014

TOP画像更新

10月8日の月食です。
暗すぎて私のカメラではこれが限界でした。
赤い月は不吉で神秘的でゾクゾクしますね。

ご無沙汰しています。
6月以来、足かけ半年ぶりですね。
特にこれといったアクシデントがあった訳では無いのですが、なにか、こう同じような事の繰り返しになっているような気がして、しばらく更新する気が起きませんでした。
書きたい事は沢山あるのですが、私自身は公私ともに忙殺される毎日ではありますが、特にこれといった変化があるわけではありません。
まぁ、政治や経済の文句を言うのが虚しくなってきただけなんですかね。

閑話休題

田中圭一

田中圭一と言うパロディ漫画家は「神罰」以来の隠れファンです。
下ネタが多いのでファンを自称するのが恥ずかしいのですが、やっぱり面白いものは面白い。
宮崎駿やディズニーや手塚治虫・松本零士などをパロっていて、本当に訴えられるのではないかと心配だけど、その度胸が潔い。
子供にはちょっと見せられないけどね。(汗)

田中圭一「ありのままに(妖怪人間版)」

ジブリの英断?

宮崎駿監督作品集」に「On Your Mark」が収録されていないから買わない!
と私が言ったからなのか。(笑)
ジブリ独自で(ディズニーとは関係なく)「On Your Mark」だけDVDとBDを製作して作品集の購入者に無料で配布すると言うことです。

2014年10月27日「On Your Mark」特別ディスクを配布

10月27日に告知して、申込期限は2015年10月31日までと言うことは、それまでに「On Your Mark」が収録された正式版は出さないという事なんでしょうか。
「千と千尋の神隠し」も「風立ちぬ」も購入したので、いまさら作品集を購入する意味はありません。

それにこの作品集は全集ではないし、特典映像も魅力がありません。
もっと凝った造りにして欲しかったですね。
なにか大慌てで造った感じがするんですよね。ジブリの台所事情なのかな?

ディズニーの傘下に入って良かったのだろうか?スタジオジブリは。


蛇足

上がったものは

下がるのが歴史の必然。
日経平均が17,000円を超えたと、昨日のニュースで言っていました。
しかし、実体経済が伴わないかぎり下がります。確実に。
今年いっぱいは・・・もたないだろうなぁ。
もし暴落したら、経済はもっと悪くなりますよ。
経済が破綻する前にやることと言えば「戦争」ですかね、やっぱり。

為政者にとって戦争は国民を騙す最善の方法なんでしょうね。
世界の歴史って、見事に繰り返しているなぁ。

黒田日銀総裁は異次元の金融緩和をいつまで続ける気なんでしょう。
彼がばら撒いている金は日本の財産なんですよ。
ばら撒き続ければ、お金は確実に無くなります。
そうなってからでは遅いんだけどなぁ。

中国や韓国を嘲る前に、我が国の足元を見直さないと笑い者になるのは日本人ですよ。
どうするんだ?これから先。


2014/06/10

レモンの葉を食べるイモちゃん

TOP画像更新

5月中旬、庭の手入れをしていると、レモンの花が咲いていました。
可憐な花に見入っていると、大きな芋虫がいました。
ひたすら葉っぱを食べていました。
なんだか、健気で可愛らしく思いました。
芋虫や毛虫の類は苦手なのですが、この芋虫に限って嫌悪を感じませんでした。
「ミニモス」と勝手に名前を付けて観察していたのですが、雨が降った翌日からいなくなってしまいました。
私が見つけられなかっただけだと思いたい。

閑話休題

とばっちり

オンユァマークのレーザーディスク版
オープニングタイトル
ラストシーン、チャゲ&飛鳥とおぼしき隊員と別れを告げる
自由の風を感じながら羽ばたく
ぐんぐん上昇していく
やがて、大空へと消えていく、ここら辺でジーンとくる、なぜか翼が大きくなっている

チャゲ&飛鳥の飛鳥が麻薬中毒で逮捕されました。
「あぁーあ、やっちまったよ。バカだなぁ。まぁ、素直に認めて禊ぎを終えれば活動再開できるだろう。」と呑気に考えていました。

飛鳥が関係した曲は当分の間発売中止となりました。
「曲に罪は無いのだから、そこまでしなくてもなぁ。」とまだまだ呑気に考えていました。

ディズニーが「宮崎駿監督作品集」を発売延期すると発表しました。
嫌な予感がして調べてみると、短編の「On Your Mark」が飛鳥の逮捕で削除されるとの事でした。
呑気に考えている場合ではなくなってしまいました。

宮崎駿監督の作品はほとんどブルーレイで所有しているので、作品集を購入する目的は「千と千尋の神隠し」と「風立ちぬ」と「On Your Mark」でした。
特に「On Your Mark」は是非ともHD画質で観たい作品です。
もともとチャゲ&飛鳥のライブで上映されたらしいのですが、私が初めて見たのはLDでした。

冒頭、カルト宗教の本部と見られる施設に警察の特殊部隊?が突入して信者を皆殺しにするという過激な描写があり、この時点で好き嫌いがはっきり分かれる作品なのですが、私が好きなシーンは宗教施設で拉致されていた翼がある少女をチャゲ&飛鳥とおぼしき隊員が救って大空に放つラストシーンです。
少女が翼を広げて大空に昇っていくシーンは、何度見てもジーンときます。
最近はジーンときて胸がいっぱいになるようになりました。
年齢のせいかなぁ。

ともかく、この作品がHD画質で発売されると知れば、購入せずにはおれません。
それが削除されるそうです。
音楽に罪は無いし、動画にも罪はありません。
良い作品は良い。それだけです。

よい子ちゃんぶって、事なかれ主義に走るとは、何と情けないメーカーでしょう。(怒り新党)


蛇足

超ガッカリ、パート2

あれだけ突っ張っていた小保方さん、論文取り下げちゃった。
「スタップ細胞はあります(きっぱり)」と言ったのを見た時、もしかしたら「ある」かも、と淡い希望を抱いたのですが、どうも望み薄のようです。

夢の細胞は夢で終わるのでしょうか。
(未練タラタラ)


そろそろ

嫌気がさしてきました。政治にも犯罪にも世間にも。
でも、思考することを止めたら人間としておわりです。
だから、考え続けます。

安部晋三は国会答弁で言っていることが支離滅裂でキレまくっています。
でも、支持率は下がらない。
内容なんて関係ない、強そうに見えると国民は支持するんだ。
なるほどねぇ、独裁者はこうやって造られるんだな。

最近、TPPの報道が無いなぁ。
こんな時が一番危ないのだけどなぁ。
寄らしむべからず、か?

猟奇殺人、育児放棄致死、責任能力が有ろうが無かろうが犯罪の悪質さで刑を決めるべき。
娘を殺された父親がインタビューに答えていたが、もし私が同じ立場になったら冷静に受け答え出来る自信は無い。
加害者はあの世で被害者に謝って来い!!(戻ってこなくていい!)


2014/04/08

桜満開

TOP画像更新

3月下旬、忙しさにかまけていると、満開の桜が季節の変わり目を教えてくれました。
仕事の合間に車を止めて、しばし休息。
桜の花びらが陽の光を浴びてまぶしい。
「もうしばらくの辛抱だ、頑張ろう」と、言う気になりました。

この写真を撮った頃は満開でしたが、今では葉桜でてす。
季節の話題は時季を逸するとダメですね。(汗)

閑話休題

オレオレ詐欺

世界経済の実態は低成長(ゼロ成長)になっています。
なぜなら、資本主義(ロシアも中国も実態は同じ)は何か(民族や国家)を犠牲にして、そこから利益を収奪して一部の者たち(民族や国家)が裕福な暮らしをしていただけですから。
収奪する所が無くなったら成長は止まります。
日本はバブル崩壊後、低成長(ゼロ成長)が長かったので「もったいない精神」で乗り切ってきました。
このままゼロ成長で良いのですが、西欧列強(死語)が黙っていません。
日本はゼロ成長で、かつ借金大国ですが、借金の何倍もの資産を世界中に持っています。
例えれば、一生懸命働いて高額所得者になり、気が付けば巨額の資産を持った年寄りになったようなもの。
有り余る資産で、老後を豊かに暮らしているようなものです。
実質赤字(債務国)のアメリカは言うに及ばず、低成長に苦しむEU諸国、浪費しすぎて家計が苦しくなってきた中国、稼ぎが少ないのに贅沢しすぎて破綻しそうな韓国、破綻して身動きが取れない北朝鮮、独立して会社を立ち上げたいけど先立つものが無い東南アジア諸国などなど、多くの国が年寄りの資産を狙っています。

たとえば、北朝鮮から日本を見ると憧れのユートピアです。
あぁ、早くあのユートピアと仲良くしたい。
日本人は「素直に謝れば許してくれる民族性」なので、恥も外聞もかなぐり捨てて頭を下げたい。
でも、そんな事プライドが許さないし、体制が維持できなくなる、あぁ、どうしよう。
と悩んでいることでしょう。
本当に拉致問題を解決したいのは日本と北朝鮮。
拉致問題を解決させたくないのはアメリカと中国と韓国。

以前も書きましたが、北朝鮮は中国をまったく信用していません。
長年、親密にしていたからこそ中国のやり方は良く分かっているからです。
少しでも油断すると第二のチベット、第二のウイグルになると思っています。
チベットではダライラマを捏造して、本物を追い出し、チベット国民に対して残虐の限りを尽くしています。
ウイグルも似たようなものです。

北朝鮮が核兵器に拘るのも中国を恐れているからで、さすがに核兵器を持っている(と思われる)国に対して安易に武力は使えません。
世界は損得勘定で動いています。
これから経済援助をお願いしたい日本に対して核兵器を使うのは北朝鮮にとって全くメリットがありません。
「北朝鮮は何をしでかすか分からない怖い国なんだぞ、だからアメリカの核の傘に入れ。」と言うのがアメリカの言い分です。
「北朝鮮は何をしでかすか分からない怖い国なんだぞ、だから韓国が緩衝地帯になってやっているんだぞ」と言うのが韓国の言い分です。
確かに昔はそうでした。
しかし、情勢は刻々と変化しています。
ちょっとでも油断したら、植民地にされかねない中国やロシアから援助してもらうくらいなら、お人好しで信用できる老人(日本)から援助してもらったほうが安心だ、
と北朝鮮は考えています。

今回の日朝次官級交渉は中国で開催されました。モンゴルではなく。
中国はあらゆる手段を使って交渉内容を知ろうとしたはずです。
これは日本も北朝鮮も承知の上です。
つまり、この交渉はセレモニー(儀式)に過ぎないと言うことです。
日朝国交正常化をどのような手順で進めるのか、極秘で話は具体的な方法へ進んでいることでしょう。

日本と北朝鮮が仲良くならないように、日本と韓国の仲を取り持ったアメリカでしたが、韓国の反日が筋金入りだということを理解しただけで終わったようです。
韓国政府は経済格差や経済破綻から国民の目をそらす方法が、もはや反日しかないと言う事情があります。
韓国経済は危機的な状況で、韓国企業を支配していた外資(アメリカやEUのファンド)は気付かれない様に資本を逃避させています。
逃避が完了し、抜け殻となった韓国を日本に押し付ける気です。
「後はよろしく」とね。

前回、韓国が破綻したときも表向きはIMFでしたが、実質は日本の資金援助で韓国を救済したのです。
資金援助した結果、IMFや韓国に感謝されたかと言うと、むしろその逆で、IMFは「隣国だから当然だろ」と言い、韓国は「借りてやった」と居直る始末。
お人好しの老人(日本)も多少は学習します。
相変わらず反日を続けている韓国と付き合いを続けていくのに嫌気が差してきました。
「喧嘩する気は無いけど、お付き合いする意味も無いなぁ。」とね。
韓国は冷戦の頃、北朝鮮とその背後に控えるソ連や中国との緩衝地帯としての役割を果たしてきました。
だからこそ、ソ連や中国に怯える日本は韓国に対して援助を続けたのです。
もちろん、アメリカから「もともとお前の国なんだから世話してやれよ」と強要されたのも事実です。

そうやって老人(日本)はオレオレ詐欺だと分かっていながら大切な財産を分け与え続けています。今も。
仏の様な慈悲の心とキリストの様な犠牲的精神で施し続け、ますます豊かになったとさ。

でも、仏の顔も三度まで・・・なんて事にならないようにしないとね。



蛇足

超ガッカリ

スタップ細胞が実用化されれば、再生医療が本格的に普及して若返りも夢ではなくなる。
ニュースを見たとき、そんな妄想を抱いていました。
「これは物凄い事になったぞ。」
こんなに簡単に細胞がリセット出来るなら、医学は飛躍的に進歩するだろう。
10年後には病気で苦しむ人が劇的に減るだろう。
と、期待に胸を膨らませていました。

ところが・・・
世界中の科学者が検証実験をしても、誰一人としてスタップ細胞を造れない。
発表当初から世界中の科学者が論文の内容に疑義を呈していました。

小保方さんは本当にスタップ細胞を造り出したのでしょうか?
「イャーン、その時は出来たと思ったのよーん。でも、再現できないのよーん。」
じゃ、済まされないよ。
理研のチェック体制ってどうなっていたんだろう。
堂々と発表するまでノーチェックだったのかなぁ。
ちょっと信じられない。

それにしても、なぜマスコミや世間は小保方さんに優しいのかな?
むさ苦しい初老の男なら取材攻撃で袋叩きになっているだろうね。
三十路とは言え、かわいい女性には世間は甘いね。

やはり日本は男尊女卑の国なんだなぁ。
だって、女性に甘いもの。
私はそれで良いと思っていますがね。(笑)

でも、スタップ細胞は存在してくれ!
無理かなぁ。
あぁーぁ・・・。


2014/03/08

杏の花が咲きました

TOP画像更新

梅の花の盛りが過ぎたと思ったら、待ちかまえていたように杏の花が咲き始めました。
梅のように力強さはありませんが、控えめで可憐な花ですね。

閑話休題

揺り戻し

私が学生時代の頃は反日左翼全盛で、「左翼にあらずんば人にあらず」と言った風潮がありました。
特に知識人と言われる高学歴の人々は社会主義に染まっている人が多かったですね。

その人たちが社会の第一線に登場すると、ますます反日左翼が力を持って、日本を貶める風潮が強くなってきました。
昨年亡くなった父は、事ある毎に「あいつらはバカだ。」と言っていました。
父は大工職人から建設会社を興し、経営者として永年頑張っていました。
幸か不幸か、高学歴ではなかったがゆえに社会主義の影響を受けることも無かったようです。

私が確信的な保守(右翼ではない)になったのは小室直樹の著書を読み始めてからでした。
しかし、それ以前から素朴な疑問が常にありました。
「爺ちゃんはあんなに優しく我慢強い人なのに、アジアの人たちに酷い事をしたのだろうか?」

私が小さい頃、祖父は満州の思い出などを私に話してくれました。
中国人を雇って家を建てたりしていたそうです。
覚えの良い中国人には日当(日給)を弾んで、競争心や向上心をつけさせて良い職人になるように育てていたそうです。
満州から引き上げるときは、中国人たちと泣きながら別れを惜しんだそうです。

「でも中国人は日本人を憎んでいるんでしょ?」聞くと。
「あいつらは共産党だからな、昔の中国人じゃない」と言っていました。
当時の私には意味が分かりませんでした。

なぜ、日本人が日本のことを悪く言うのだろう。
なぜ、日本の良いところを子供たちに教えないのだろう。
「そんなことは無い!日本にだって良いところは沢山ある!」と声を上げないのだろう。
と、ずーーーっと疑問に思っていました。

ところが、今はどうでしょう。
ネトウヨと言う人たちが極端な右翼的活動をしています。

私が恐れていたことはこれなんです
左に振れ過ぎるとバランスを欠いて揺れ戻しが起き、極端に右に振れすぎるのではないか。
以前から危惧していました。
いま、それが起きています。

極右と極左は思考が停止し、他の意見を聞かない点で同じです。
どちらに振れ過ぎても日本にとって良いことはひとつもありません。

威勢の良いことをいっても、実際に戦争になればワンサイドゲームはありません、日本にも必ず犠牲が発生します。
いま騒いでいる人たちは、自分が戦争に駆り出されて戦死するかも知れないと言うリアルな想像力があるのか疑問です。
「自分だけは特別」なんて思っているとしたら、戦争の可能性なんか語る資格はありません。
「そんなことは無い」と言っていた戦前の日本人は、まさか多大な犠牲を出して戦争に負けてしまうなんて、戦争を始めたときには想像もしていなかったでしょうね。
たぶん。


蛇足

地球はひとつ

なんて、アグネスチャンのような自称国際人みたいなことを言ってしまいました。(笑)
でも、最近特にそう思うんです。空を見ながら。
「あぁ、この有害物質は中国から飛んで来ているんだなぁ。人間が設定した国境なんて無意味だなぁ。」とつぶやいてみたりして。

福岡でもここ最近、近くの山がほとんど見えない日が続いています。
こんな事は初めてです。
なんだか空恐ろしい気がします。
発生源の中国人はどう思っているのだろう。
まぁ、日本も以前は公害を撒き散らして光化学スモッグなんかを発生させていましたけどね。

さて、中国はいつ改善できるのかな?


2014/02/12

さよならアコードCF4

TOP画像更新

いよいよアコードとお別れするときが来ました。
まだまだ元気に走れますし、エンジンも絶好調です。
しかし、維持費が掛かる自家用車を何台も持っておくわけにはいきません。

さよらなアコード、いろいろ楽しませてくれてありがとう。
また一つ時代が通り過ぎていきました。

拙宅の梅がやっと開花しました。
今年は昨年より少し多いようです。

閑話休題

胆力

日本は今、胆力を試されているようです。
靖国問題、慰安婦問題などはその良い例でしょう。
外交に関して「沈黙は金」はまったく通用しません。

中国や韓国の粘り強さを日本も見習うべきです。
長い年月をかけて、日本を貶めるように工作しているのですから、日本も粘り強く世界に対して誤解を解く努力をすべきです。
「謙譲の美徳」は外国、特に中国や韓国には通用しません。
長い間、相手の好意を期待して対策を取らなかったから、どうしようもなく拗れてしまったのです。
諸外国は声を発する者のみを認めます。

どんな汚い手を使っても結果が命です。
ハニートラップやキャッシュトラップはお手の物。

目的の為には手段を選ばないのが国際政治というものです。
もちろん秘密裏に。
「金持ち喧嘩せず」はもはや通用しない状態まで切迫していると思うのです。


縁切り

そろそろ縁を切りたいと思っています。韓国と。
個人的にお付き合いする限り、良い関係も築けるのですが、こと国家間となると反日で身動きが取れない。

いちいち怒る気力も失せました。
もう、お付き合いを止めませんか?

と、個人がどうこう言っても始まりません。
日本政府はどう考えているのでしょうね。

とりあえず、未払いの借金を返済してもらって、経済交流を停止してはどうでしょう。
そうすれば、お互い冷静に考える余裕が出来ると思うのですがね。


勘弁

児童虐待の記事を読む度に悲しくて悲しくて我慢できなくなります。

我が子を殴り殺す心境とはどんなものなのか。
親に殴り殺される子供の苦しみはどんなものなのか。
考えただけで背筋が凍りつきます。

もう勘弁してほしい。



蛇足

ソニーの赤字

以前、ソニー製品が大半を占めていた我がオーディオラックも、今ではAVアンプとPS3のみになりました。
どちらも旧製品です。
技術のソニーが技術を忘れたら、こうなった。
当然の帰結ですかねぇ。
寂しいなぁ。

マクドナルドの減収減益

以前よく行っていたマクドナルドに行かなくなったのはなぜでしょう。

原因の1つはコーヒーのおかわりが無くなったこと。コーヒーをおかわりしてホッと一息つける場所でした。

もう1つは割高になったこと。
従業員の対応の悪さは以前からでしたが、お得感があったので行っていました。
久しぶりにマクドナルド某店に行きました。
フィレオフィッシュ+チキンナゲット+コーヒーSで合計600円。
何となく割高に感じました。何となくですけど。
600円あれば、ガストのランチが食べられます。ドリンクバー付きで。

「フィレオフィッシュは出来立てをご用意しますので5分ほどお待ち頂けますか?」
「いいですよ」と言って渡された番号札を持ってテーブルに座り、ナゲットを食べようとするとソースがありません。
「あのぉ、ソースが無いんですけど」とカウンターで言うと。
「えっ?はぁ」と意味不明の返答。
「ナゲットのマスタードソースを貰ってません」と言うと。
「あっ、そうでしたか」とやっとくれました。
テーブルに戻ってナゲットを摘みながらコーヒーを飲んでいると、
別の店員が寄ってきて「商品はおそろいですよね」と言いながら番号札を持っていこうとするので、
私は「まだ来てませんよ」と言いました。
店員は怪訝な顔をして私の顔を見ました。
私は「フィレオフィッシュがまだです」とレシートを見せました。
店員は「あぁ、そうですか」と言って離れて行きました。
「申し訳ありませんでした」の言葉も無く。
ナゲットを食べ終わる頃、やっとフィレオフィッシュが来ました。
パクッとほうばると熱湯のような熱い汁が出てきて「アチチチチッ!」
フィレオフィッシュって、こんなに熱かったっけ。
火傷をしないように用心しながら食べました。

久しぶりに行ったマクドナルドでの出来事です。
一回の来店での出来事です。(念のため)

コンビニに客を取られているとか言っていますが、マクドナルド自体も改善するところが多々あると思いますよ。
ちょっと考えただけでも・・・、
ローコストが取り得のマクドナルドが価格を上げたら、お客さん来ませんよ。
コーヒーくらいおかわり自由でないとね、ファミレスだってドリンクバーは当たり前の時代ですから。
メニューの写真とは似ても似つかぬペシャンコな商品(昔からか?)。写真を見て納得できるのはビッグマックとフィレオフィッシュくらいですね。
従業員の対応は・・・まぁいいか、個人差がありすぎます。

そうそう、モスバーガーと価格差が無くなっていますね。
客の立場から見ると、色々見えてくるものです。


2014/01/02

白馬の森・東山魁夷

TOP画像更新

明けまして
 おめでとうございます。

私は馬と言う動物がとても好きです。
東山魁夷の「白馬の森」をはじめて見たとき、美しい女性が白馬に化身しているイメージが浮かびました。
それ以来、この絵が私のトレードマークになりました。
たとえば、アマチュア無線のQSLカードにはこの絵を使いました。
あまりにも有名な絵ですが、見るたびに新鮮な感動が湧き上がります。
何でだろう。

午年と言えば「白馬の森」、馬と言えば「ユニコ」、ユニコーンと言えばファンタジア、ファンタジアと言えば「ケンタウロスの女の子」・・・。
ちょっと無理があるかなぁ、でもいいのです。

閑話休題

これから

世界中から富を奪われ、技術も資金も提供して発展させた某国からはお礼を言われることも無く、貶められ、それでも与え続ける日本は常に先を行く国となるでしょう。
日本は大丈夫です。


蛇足

とは言え

何のために、何の意味も無い日に靖国神社に参拝したのでしょうか、安部晋三は。
総理大臣が靖国に参拝するには前提条件が必要です。

まず、アメリカへのロビー活動で靖国神社と言うものは何なのか理解させる。
ともかくアメリカです、EUでも東南アジアでも中国でもありません。
アメリカだけで十分です。
アメリカ人は他国の伝統文化など知ろうと言う気はありません。
ですから宣伝活動やロビー活動で知った知識しかありません。
中国や韓国は熱心に活動して慰安婦問題や靖国問題を捏造・顕在化して来ました。
それに対して日本政府や政治家はまったく対抗策を講じず、怠慢の限りを尽くしました。
もう万死に値する怠慢です。

まぁ、過去のことをとやかく言っても仕方ありません。
日本の神道とは何なのか、靖国神社とは何なのかをアメリカに知らしめる努力をしなければなりません。
靖国神社が戦争で亡くなった英霊を祀る施設であることすらアメリカは知りません。

アメリカは日本に関して信じられないほど無知であると言う前提から外交を開始しなければならないのに、日本の政治家は無関心(無知)過ぎます。
これでは外交で失敗するのは当たり前です。

総理大臣が堂々と靖国神社に参拝して、かつ、その行為が世界に認められるには、アメリカ大統領に靖国に参拝してもらうことです。
そうすれば、中国や韓国も批判しなくなるでしょう

国家元首が他国を訪問するときは必ず戦没者施設や戦没者墓地にお参りします。
それは国際儀礼として当たり前だからです。

靖国神社は日本を守るために亡くなった英霊を祀る施設であるとアメリカに理解させればカメリカ大統領の参拝は可能です。
総理大臣はアメリカ大統領と一緒に参拝すればよいのです。

首相の靖国参拝をアメリカが失望したなんて言っているのは日本の文化伝統を理解していない証拠です。
何の対策もせず、無意味な日に参拝するなんて「私はバカです」と言っているようなものですよ安部首相。
バカタレ!


原則としてリンクフリーですが一言教えてもらえば有り難いです。
当ホームページに掲載している文書・画像・写真等を使う場合は一応連絡ください。
当ホームページに記載されている内容はあくまでも個人的な意見であり、何かを代表するものではありません。
当ホームページの情報が原因でなんらかの損害が発生しても責任は一切負えません。
当ホームページは17インチ液晶ディスプレイにて解像度1280*1024、文字サイズ中で表示を確認しています。