レビン事故る

2009/11/05

2009/09/26
夜、家に帰るとレビンの様子がおかしい。
近付いてみると、あちこち壊れていました。

車に乗る限り、事故は付き物。
ある程度覚悟はしていましたが、遂にその日が来ました。

普段、絶対に進入しない速度で左コーナーに入り、制御できずに右側の土手にぶつかったそうです。
幸い、人に怪我はなく、レビンも何とか修理できそうです。

右側の土手は山肌で草木も生い茂っていたので、それがクッションになってドライバーが怪我をせずに済んだようです。
左側はガードレールとフェンスしかない落差数十メートルはあろうかと言う断崖絶壁で、山を削ってコンクリートを吹き付けた擁壁ですから、そちらに落ちていたら車どころか人もタダでは済んでいなかったでしょう。
事故を検証するために現場に行ったのですが、左に落ちていたら・・・と思うとゾッとしました。
まぁ、本人が一番ゾッとしたでしょうけどね。(笑)

「なぜあんな速度で進入したのか今でも分からない。」と本人談。
事故なんて、そう言うものじゃよ、お若いの。(爺)

免許を取って1年ちょっと、そろそろ危ないなと思っていたけど、パターン通りですね。(笑)
でも、人身事故にもならず周りにも迷惑をかけなかったのが不幸中の幸いです。

痛々しい右リアフェンダー。
リアスポイラーは完全に割れて、トランクリッドも後方にずれています。
ルーフ(天井)も凹んでいます。
フロントバンパーは完全にずれています。
一番ダメージか大きい左フロントフェンダー周り。
写真では分かり難いですが、タイヤが後方にずれています。
ロアアームやストラットは変形している可能性大ですね。
さて、
整備工場で見積ってもらうと新品のパーツを使用したとして、約50万円かかると言う事でした。
・・・。
50万円出せば中古のレビンが購入できるのではないか?
買い換えるか修理するか・・・本人は修理したいと言ったのでその意見を尊重する事にしました。
見積金額はパーツ代が大半を占めていたので、出来る限り中古パーツを使う事にして、ネットオークションで探しました。
幸い、AE111はレビンの中ではマイナーですが、車としてはメジャーなので多くの中古パーツが流通していました。

これはフロントバンパー。
フォグも付いています。
リアスポイラー。
ストップランプは付いていません。
パワーステアリングASSY。
整備工場の話では、左側はストラット・ロアアーム・ナックルアーム・タイロッド・ドライブシャフトが変形していて、ステアリングギアボックスも怪しいと言う事でした。
左フロントフェンダー反射板付。
反射板の様な細かいパーツの購入や交換が手間が掛かって工賃を押し上げるんですよね。
左ヘッドライトASSY。
フロント足周り一式。
左右一式で出品してあったので、一括購入して両方とも取り替えてもらう事にしました。
修理代を下げるために板金は一切せず、フロント周りのパーツ交換と修正だけをお願いしました。
すると、サービスでリアフェンダーを適当に叩き出して、コンパウンドで汚れを落としてありました。
これでずいぶん目立たなくなりました。
リアスポイラーはガムテープで巻いてくれるように頼みました。
とりあえずパーツを交換した状態。
左側もパーツを交換した状態です。
ここから調整して追い込んで行くそうです。
交換したパーツ。
パーツ代は5万円弱、工賃と新品パーツで約5万円。
ほぼ10万円で済みました。
アルミホイールもフロント2本が変形していたので、純正アルミ(タイヤ付)をオークションで入手して付け替えました。
まぁ、でも安く納まった方ですね。

幸いな事に変な癖も無く正常に運転できるようになりました。