SP−No27
長谷弘工業MM151T
仮組み編

作業日2011/07/16

組み立て家具感覚の簡単キット

長谷弘工業(ハセヒロオーデイオ)からバックロードホーンのキットが発売されたのは、ずいぶん前のことです。
まだまだ自作意欲が強かった私はキットなどは眼中にありませんでした。

しかし最近、直線の連続である折り曲げホーンに疑問を持つようになりました。
板を直線に切るだけでよいので、素人でも工作可能ですが、その分ホーンの形状は理想的とはいえません。
我がD-55も中低域にクセがあります。
この原因がホーンの形状にあるのかどうかは、同じ規格で曲線のホーンを製作して比較試聴するしかありません。
しかし、それは困難なことです。

SP-No26を処分してFE103En-Sが残りました。
オークション等で売却してもよかったのですが、何となくそのままにしていました。

そんな時、ふと長谷弘工業のキットが思い浮かびました。
板を積み重ねて、ナットとボルトだけで組み立てられる。
ホーンは曲線の連続で理想に近い形をしている。
キットですからホーンの開口率などはメーカー任せになりますし、専用設計ではないので理想的とはいえません。
本来ならば20cmユニット用を導入してFE208ES-Rで比較試聴するのが良いのでしょうが、いきなり20cmユニット用を購入する度胸はありません。
そこで、10cm用であれば実験的に導入する価値があるのではないかと思い、購入を決意しました。

いつもの様に大げさですね。(笑)

201/07/15
注文していたMM151Tが到着しました。
段ボール箱3個口、けっこう重くて運ぶのに苦労しました。
梱包を開いてみたところ。
木屑などはほとんど無く、丁寧に加工して木屑や埃を取ってあり好感が持てました。
1枚取り出して立ててみると、思った以上に大型でした。
材質は厚さ30mmのMDFで、棚板などに使うパーチクルボードをイメージしていたのですが、ラワン合板よりも密度が高く重い。
この中板の枚数を変えて20cmユニットまで対応しているようです。
バッフル板も同じMDF厚さ21mm。
側板も同じMDF厚さ21mm。
穴が多数開いています。
板材以外の付属品はご覧の通り。
板を締め付けるボルトとナット、高級そうなケーブルとしっかりしたターミナル。
ケーブルもターミナルも私が使っている物より良さそうなので、このまま使う事にしました。
ナットのアップ。
家具などに使われる化粧ナットです。
ボルトとナット。
六角レンチで締めるようになっています。
中板を取り出して、どんな感じになるか重ねてみました。
側板の下部には足が付いていました。
側板に空いている穴。
さっそく組み立ててみます。
まず、側板の穴に化粧ナットを差し込みます。
ぴったり入ってガタがありません。
精度は高いようです。
説明書では中板を重ねた後でボルトを差し込むのですが、ボルトを先に差し込んで中板を重ねました。
特に意味は無く、説明書を読まなかっただけです。(汗)
中板を全部重ねたところ。
10cm用の場合、中板は5枚重ねます。
厚さ30mmですから幅150mmです。
中板のホーン下部は肉抜きしてありました。
重ねただけなのに、ほとんどガタがありません。
素人工作では、この精度は出ませんね。
側板を載せて化粧ナットで締め付けます。
拍子抜けするほど簡単です。
それに、想像以上にしっかりしています。
このままでも使えそうです。
バッフルをはめてみました。
両側に1mmほどの隙間が出来ました。
手のひらでなぞってみても、ほとんど段差はありません。
バッフルは両面テープで貼り付けるようになっていますが、これはちょっと無理があります。
おそらく強度が出ないでしょうね。
最低でも木ネジで締め付ける必要がありそうです。
バッフルと側板の隙間にはガタがあるので、厚さ1mmほどの薄板を挟むようになっています。
説明では板が乾燥すると隙間が無くなって必要なくなるそうです。
さて、仮組みを分解して各部を測定します。
バッフルの開口は指定通り102mmぴったり。
空気室からホーンの繋ぎ目は34mm。
幅150mmなので5100mm2=51cm2・・・ユニットの実行振動面積とほぼ同じ。
うーん、どうだろう。
ホーン終端の面積は高さ230mm*150mm=34500mm2=345cm2。
入り口の約6.8倍です。
ホーン出口は高さ350mm*150mm=52500=525cm2
約10cmの長さで広がり率1.5倍です。
空気室は台形で、下底が55mm。
上底が120mmとして
高さ370mmですから、(55+120)*370/2=32375。
323758*150=4856250で約4.86リットル
バッフル裏のスペースが概算0.78リットルで合計5.64リットルになります。
10cmユニットにはちょっときついかなぁ。
全体の奥行き45cm
高さ90cm(足含む)
幅19.5cm

組み立て・試聴編へつづく