ローエンド
プリメインアンプと
CDプレーヤー
DENON
PMA-390AE・DCD-755AE

2008/04/21

今回製作したFE138ES-Rのバックロードホーンはあらかじめ置き場所を考えていたわけではありません。
実際に製作してみて、倉庫に眠らせるのはもったいない、何とか日常で使いたいと思いました。
そこで、家人の要望(居間でCDが聴きたい)に応えて(便乗して)居間のテレビの両サイドに置く事にしました。
しかし、そのためにはアンプとCDプレーヤーが必要ですが予算は限られているので、ローコストで高音質なアンプとプレーヤーを探す事にしました。

2008年04月10日
2chプリメインアンプのPMA-390AEです。
ネットショップで28000円弱でした。
デザインや質感も良く安物と言ったイメージはありませんね。
セレクターの切替はリレー式で、回すたびにカチカチとリレーの動作音が聞こえます。
これって、けっこう高級感があるんですよね。
ただ動作が遅く、ノブを回したら一歩遅れてカチッと切り替わります。
さて、一通り動作確認が終わったらカバーを外して内部を見てみます。
電源部とワンボードのアンプ部で構成されていて、シンプルです。

実際の音は思ったほど悪くありません。
まぁ、あまり期待していなかったと言うのもあるでしょうがけっこう頑張っていると思います。
同時に買ったCDプレーヤーDCD-755AEです。
価格もほぼ同じ28000円弱。
同じメーカーなので、デザインも統一性があり安物っぽくありません。
こちらはCDだけしか再生できないので、CDも再生できるDVDプレーヤー等に比べると割高かも知れませんが、その分音は良いだろうと思っています。
今のところPMA-390AEとの組合わせでしか聴いていませんが、極々標準的と言いましょうか、これと言った特徴はありませんが聴きやすい音です。
家人が聴くには十分でしょう。