過去に使用していた機器たち

2016/12/25

みんなよく頑張ってくれました。

プリメインアンプ
DENON PMA-500
1974年頃購入。
オーディオに興味を持ちはじめて、初めて購入した本格的なオーディオアンプです。
今から思うと、性能を発揮しないまま手放してしまったような気がします。
管球式自作メインアンプ6BM8PP(上)
1976年製作・1992年3月全面変更
1976年に最初に製作した時は雑誌からのコピーでした。
しかし、うまく製作できずにそのままになっていたものを1992年になって、もう一度チャレンジしてみようと思い立ち、オーソドックスでも良質な回路に変更しました。
6BM8(3極5極複合管)×4本、電源トランス・タンゴST-220、出力トランス・タンゴCRD-5
シャーシ・鈴蘭堂アルミシャーシSL-10HGシャンパンゴールド

管球式自作12AX7プリアンプ(下)
1976年製作・1992年3月全面変更・1992年4月回路変更
6BM8PPに合うプリアンプが欲しくなり、製作したのが12AX7を使用した4球プリアンプです。
詳細はこちら
レコードプレーヤー
パイオニア XL-A700
当時の定価 \79,800
1977年頃購入。
私が使用した3番目のプレーヤーです。
当時流行のダイレクトドライブ・フルオートプレーヤーです。
まだ音質云々言っていない頃の物です。
レコードプレーヤー
テクニクス SL-1200
当時の定価 \65,800
1980年頃購入。
音質に目覚めた頃、もっと高音質のプレーヤーが欲しくなり定価よりずいぶん安かったので購入しました。
SL-1200mk2が出る直前だったので安かったようです。
この頃はまだレコード再生のノウハウが分からず迷走していました。
1988年にGT-2000Lを購入して引退となりました。
LDプレーヤー
パイオニアLD-7000
当時の定価\198,800
1983年頃購入。
初の半導体レーザーディスクプレーヤーで、今では当り前になったフロントローディングを最初に採用した機種でもあります。
現在の様にモーターでトレイが出て来るのではなくバネでビョョーンと出て来るのが趣があって良かったですね。
これで一生画質が劣化しないソフトを手に入れられると思いましたね。
それが嘘だと思いもせず・・・。
CLD-99Sを購入後手放しました。
ブラウン管モニターテレビ
プロフィール KX-27HF3
1983年購入。
プロフィールは画質を意識した最初のディスプレイでした。
27型は当時としては大画面で、よくビデオ上映会に使用しました。
そのころの一般的なテレビは画面が大きくなると画質も悪くなると言うのが常識でしたが、プロフィールはその常識を覆す高画質でした。
特にEDベータデッキのおまけで付いてきた「四季の丘」と言うデモビデオを見たときは家庭用の再生装置もここまで来たかと感慨深い物がありました。
LD・CDプレーヤー
パイオニアCLD-99S
当時の定価\158,000
1987年購入。
LD-7000で再生するとノイズっぽいソフトでも、このプレーヤーで再生するとノイズが無くなりました。
プレーヤーによってかなり画質に差が出る事を実感しました。
レーザーディスクってこんなに綺麗だったの?と思わせたプレーヤーでした。
LD-X1を購入後手放しました。
ビデオデッキ
ソニーEDベータ EDV-9000
1987年購入。
ベータマックスの起死回生として開発されたEDベータ。
開発発表の時から心待ちにして発売されたら即購入しました。
オマケに付いていた「四季の丘」と言うテープを見ると、吸込まれるような高画質でした。
あの時のショックはブルーレイを初めて見た時の百万倍くらいありましたね。(笑)
長く編集機として使用していましたがDV(デジタルビデオ)デッキを導入して引退しました。
AVアンプ
ソニー TA-AV1
1988年購入。
定価99,800円
長年使っていたPMA-500からの買い換えでしたが完全な失敗でした。
当時としては多機能でしたが、肝心の音質が古いPMA-500と比べても悪く、聴くに耐えませんでした。
このアンプのおかげでソニーのアンプはボロ、特にAVアンプはゴミ、と長く思っていました。
AVアンプ
ヤマハAX-2000
1989年購入。
定価\230,000
TA-AV1の音から一刻も早く逃れようと思って購入したのがこれです。
この時もAVアンプを買ったのはビデオとの統合がしたかったからです。
AX-2000はビデオ入出力が付いたアンプですがソコソコ良い音をしていました。
アキュフェーズC275とA20を購入して引退しました。
LD専用プレーヤー
パイオニアLD-X1
当時の定価\400,000
1989年購入。
これ以上無いと思えるくらいの異次元の高画質でした。
反応の早さと動作のスムーズさはX0をも凌ぐもので、仕上の美しさも相まって、ある意味本当のリファレンスかもしれない。
X0を購入して眠ったままになっていたのですが、2002/08手放しました。
CDプレーヤー
ソニー CDP-X777ES
1990/05購入
永くリファレンスとして使用していましたが、時の流れは如何ともし難く引退する事となりました。
2001/10引退。
液晶プロジェクター
シャープ XV-P1
1992年購入。
当時としては実用に耐える画期的な低価格の液晶プロジェクターでした。
ちょうどキャンペーン中で60インチの手巻きスクリーンがサービスで付いてきました。
画質に関してはプロフィールの足下にも及びませんが、たかだか30万画素1枚の液晶から映し出される大画面の迫力は圧倒的なものがありました。
2007/08久々に倉庫から出して電源を入れてみると全く映らなくなっていました。
引退
管球式自作メインアンプKT88PP
1992年4月製作・1993年12月回路変更
私に取って、リファレンスとなる真空管アンプが欲しくて製作しました。
将来的に後悔しないように出来る限り良質なパーツを選びました。
KT88と比較するとトランスの大きさが目立っています。
重量も半端ではなく配線のためにひっくり返すのに苦労しました。

12AU7×4本、KT88×4本
電源トランス・タンゴMS-505、出力トランス・タンゴX-5P×2個。
シャーシ・鈴蘭堂アルミシャーシSL-20HGシャンパンゴールド。

詳細はこちら
三管プロジェクター
ソニー VPH-500XJ/mk2
1994年購入。
これは私にとって初めての3菅プロジェクターでした。
P1で大画面の迫力に圧倒されましたが、高画質は期待できません。
もっと大画面で、もっと高画質な映像が欲しくなり、価格的にも購入可能で性能も良い500XJ2を導入しました。
初めての3菅なのに無謀にも設置・調整をすべて自分でする事にしました。
設置はスムーズに出来ましたが、調整が非常に手間取りました。
特にレジ調整は画面全体を合わせる事が出来ずに何度もやり直しました。
画面サイズは性能ぎりぎりの120インチで、これは長岡鉄男氏の方舟に合わせたものです。
プリアンプ
アキュフェーズ C275+AD275
1995/04にA20と同時購入。
DA7000ESを導入してからはレコードのEQアンプとして使用していましたが、単体のEQアンプを購入して使用しなくなりました。
2006/08引退
詳細はこちら
パワーアンプ
アキュフェーズ A20
1995/04購入。
プリアンプC275とセットで購入しました。
相当思い切って購入して音質にも満足していましたがDA7000ESと言うAVアンプを購入した時に現役を退きました。
2005/01引退。
ビデオデッキ
ソニーHi8 NV9000
1995/07/31購入。
ベータ・VHSの次の本命と考えて、本格的な編集機を導入しました。
期待通りの編集機能と画質でしたがSVHSもどんどん画質が良くなり、カセットが小さい事以外は取り柄が無くなりました。
DV(デジタルビデオ)を導入してベータもVHSも8mmも吹っ飛んでしまいました。
DATプレーヤー
ソニー DTC-ZA5ES
1995/11購入。
これも使用頻度が少なくなったのでラックから外しましたが処分はしません。
2006/08
デジタルビデオデッキ
ソニーDVCAM DSR-30
1996年購入。
ビデオ編集をDV(デジタルビデオ)に移行すべく導入しました。
ビデオ編集の主力として使っていました。
ビデオ撮影の興味が薄れてラックから外しました。
世の中はHD編集が主流になりつつあり、この先どうするか検討中です。
ラインダブラー
三菱 VC-2001
1999/12購入。
初めて見た時、息を飲むほど驚きました。
しかし、DVD等の普及でプログレッシブが普通になって役目を終えました。
2006/04引退
DVDプレーヤー
デンオン DVD-2500N
2000/01購入。
私が導入した最初のDVDプレーヤーです。
安いDVDプレーヤーを探していて、見つけたのがこれです。目玉商品で約3万円でした。
プログレッシブ出力はありませんが、十分綺麗に映っていました。
リージョンフリーにすると画質がさらに良くなり、テレビで見る限り全く不満はありませんでした。
パナソニックRP91がリージョンフリーになるまで使用していましたがリージョンフリーになったら接続しておく意味が無くなりました。
2005/05引退
LD・CD・DVDプレーヤー
パイオニアDVL-919
2001年購入。
全てのメディアにおいて画質・音質とも可も無く不可も無くと言ったところでしょうか。
2004/4年引退。
詳細はこちら
パワーアンプ
アキュフェーズ P500L(1992年製)
2001/01購入。
スーパーウーハーを鳴らすために購入したのですがメインで使いたいくらい良い音質です。
しかし、これもDA7000ESと同時に購入したDAD-M100proに取って代わられました。
2005/01引退。
詳細はこちら
DVDプレーヤー
HTPC・ホームシアターパソコン
2001/03から導入開始。
導入当時は解像度を高く出来て、走査線が見えない画面に魅力を感じていましたが、再生専用機としては動作が重い・ソフトが不安定・操作が煩雑なのが難点でした。
しかし、ちょうど発展途上の時期で、パーツの交換で画質・音質がどんどん良くなってパーツの購入費用をトータルすると、とてもローコストとは言えない状態になっていました。
V880を導入して画質的にHTPCを続ける意欲が無くなりました。
2005/09引退
詳細はこちら
DVDプレーヤー
パナソニック RP91
2001/07購入。
DVD-3930を導入と同時にラックからはずしました。
2006/10引退
詳細はこちら
RGBデコーダー
三菱 D2001
2001/12購入。
色差やコンポジット信号をアナログRGBに変換するために使用していましたが、D50のインターフェイスをデジタルRGBに変更したら必要なくなりました。
2006/06引退
詳細はこちら
CDプレーヤー
TEAC VRDS-25Xs
2002/09/15購入。
DVD-3930を導入と同時にラックからはずしました。
2006/10引退
詳細はこちら
MDプレーヤー
ソニー MDS-JA22ES
2003/03購入。
使用頻度が少なくなったのでラックから外しました。
2006/08引退
BSデジタルチューナー/EP-T100
2004/03購入。
DVDレコーダー東芝VARDIA-RD92Dを導入して単体のチューナーは必要なくなりました。
2007/11引退。
HDD&DVDレコーダー
東芝 RD-X4
2004/03購入。

デジタル放送には対応していませんが高性能で使いやすいレコーダーです。
LDやビデオテープのバックアップとして重宝していたのですが2008/06ついにHDDが壊れてしまいました。
2008/06引退。
DVDプレーヤー
エバーグリーン DVDP2000C
2004/05購入。
DVL-919の後継機種として購入しましたが、あまりの低性能に耐えられず、すぐにV880に買い換えました。
2004/05引退。
詳細はこちら
DVDプレーヤー
MOMITSU DVD-V880
2004/05購入。
本来、DVL-919の後継機として購入したのですがRGB出力が付いていたり解像度が変更できたりと機能が豊富で画質も良いのでプロジェクターに繋いで視聴していました。
2006/10 DVD-3930を導入してラックから降ろしました。
詳細はこちら
モノラルパワーアンプ
フライングモール DAD-M100proHT
2004/12購入。
スーパーウーハー用に2台使用していましたがスーパーウーハーを撤去したため使わなくなりました。
なかなか高性能なアンプで、サイズの割に大型スピーカーもガンガン鳴らす実力がありました。
2007/10引退。
詳細はこちら
D-VHSデッキ
ビクター HM-DHX2
2005/12購入。
ハイビジョンが録画できてHDMI出力が付いてNTSCビデオも1080iにアップコンバートしてくれると言う優れ物でしたが、デジタルハイビジョン対応のHDDレコーダーを導入して使い道が無くなりました。
2007/11引退。
メディアプレーヤー
ハンファジャパン DC-MC35UL2
2006/09購入
コンパクトでなかなか良く出来たプレーヤーです。
本来はHDD内蔵型なのですが写真の様にモバイルラックを取り付けてHDDの交換が簡単に出来るようにしました。
対応メディアも多く画質音質も良かったのですがAAC音声に対応していないのが玉にきずでした。
新型のDC-MC35UL3がHDMI出力とAAC対応なので現役交代になりました。
2008/05引退
詳細はこちら
D-VHSデッキ
日立 DT-DR20000
2006/10購入。
特殊機能目当てで購入しました。目的は達成したのですが、あまりにも手間と時間が掛かるので使わなくなりました。
2007/04引退
詳細はこちら
HDDレコーダー
IOデータ レックポットHD80
2006/10購入。
D-VHSデッキDT-DR20000とセットで使用していましたが上記と同じ理由で使わなくなりました。
2007/04引退
アップスキャンコンバーター
I・O DATA VABOX2
2006/10購入。
ドルフィン(D50QJ)の入力をデジタルRGBに代えると480i(普通のビデオ信号)が入力できなくなりました。
そこで、安価なアップスキャンコンバーターを探していて見つけたのがこれです。
画質は評価するほどのものでもなく、とりあえず見られると言った程度でした。
2007/05引退。
メディアプレーヤー
ハンファジャパンDC-MC50U2
2006/11購入。
MC35UL2が予想以上に高性能で使いやすかったのでモバイルラックが無改造で使えるMC50U2を購入しました。
2007/11引退。
アップスキャンコンバーター
マイコンソフト XRGB-3
2007/05購入。
VABOX2の後継として導入しました。
そこそこ頑張っていたのですが、アップコンハード機能が付いたHDDレコーダーを導入して使い道が無くなりました。
2007/10引退
メディアプレーヤー
Sarotech DVP-570HD
2007/07購入。
DC-MC35UL2よりも高性能なメディアプレーヤーを期待して導入しました。
しかし、性能的にほとんど変わりませんでした。
2007/08引退
BDプレーヤー
HTPC_HD・ハイビジョン用ホームシアターパソコン
2008/12
2008/12引退
詳細はこちら
プロジェクター
ソニー VPH-D50QJ
1997/05導入
2005/02買換
長年使用して来ましたが液晶プロジェクターの性能がどんどん良くなって、ついに交換となりました。
2008/12引退
詳細はこちら
ユニバーサルプレーヤー

DENON DVD-3930
2006/10導入
DVDもCDもPS3で再生していて、輸入版を再生するときしか使わなくなっていました。
2011/08にリージョンフリーのOPPO-BDP95を購入して引退となりました。
詳細はこちら
メディアプレーヤー

ハンファジャパン
デジタルカーボーイ DC-MC35UL3
2008/05導入
DVDビデオの再生に使用していましたが、2011/10にHD600Aを購入して使い道がなくなりました。

詳細はこちら
デジタルチューナー
フリーオ
2008/04導入
問題なく動作しますが、4チューナー内蔵のアースソフトPT3を導入して不要になりました。

詳細はこちら
HDMI切替器

マランツ VS3002
HDMI 6-2切替器(同時出力は不可)
2008/04導入

AVアンプをパイオニアSC-LX89に買い替えたと同時に不要になりました。
絶縁トランス
2007/04導入

PS3の音質を良くするために導入しました。
しかし、当初良くなっていたと思った音質があまり変わらなくなったので取り外しました。
確かに良くなったと思ったのですが、プラシーボだったのですかねぇ。

詳細はこちら
テレビ

アイオーデータLCD-DTV222XBR
2010/02導入
ホームシアターの友人が使っているのを見て便利そうなので購入しました。
地デジチューナー付でテレビが観れてパソコンのモニターとしても使えます。
パナソニックの24型テレビに入れ替えて引退しました。
ユニバーサルプレーヤー

oppo BDP-95
2011/08導入

リージョンフリーの直輸入盤です。
タイトルの日本語が少々文字化けするのが難点でしたが画質音質ともに満足していました。
BDP-105DJPを購入して引退です。

詳細はこちら
USBやLANに繋いでみた
メディアプレーヤー

テックジャパン
HIMEDIA HD 600A
2011/10導入

Media Wave 3D Plusを購入して引退となりました。
フォノイコライザーアンプ

C.E.C PH53
2006/08導入

エソテリック E-03を導入して引退となりました。

詳細はこちら
オーディオアンプ

DENON PMA-390AE
2008/04導入
居間で使用しているサブシステム用のアンプです。

使用しなくなったのでとりあえず引退です。

詳細はこちら
プロジェクター

EPSON EH-TW4000
2008/12導入

突然故障したので、やむなく引退となりました。

詳細はこちら
AVアンプ

ソニー TA-DA7000ES
2004/12導入

長年使用してきたAVアンプでしたが、HDMIに対応していない等、時代遅れになっていました。
パイオニア SC-LX89を導入して引退となりました。

詳細はこちら
AVアンプ

パイオニア SC-LX89
2016/04導入

長年使用してきたDA7000に限界を感じ始めて、満を持して導入したのがパイオニアのAVアンプSC-LX89でした。
しかし、設定画面が出てこなかったり、HDMIケーブルの相性が激しかったりと神経質なアンプでした。
そうこうして、やっと使えるようになったと思ったらSC-LX901と言う新型AVレシーバーが発表されました。
外見はほぼ同じで、大幅グレードアップをしているという事でした。
そこで、LX89を下取りに出すことになりました。
フォノイコライザーアンプ

エソテリック E-03
2016/04/15導入

これぞ決定版と言うことで、残りの人生を一緒に過ごすEQアンプとして導入しましたが、
レジェーロと言うガレージメーカーの製品を導入して僅差で敗れました。
しかし、かなりハイレベルな戦いでした。
E-03はオールマイティでまったく不満はありませんでした。
半年ほどで引退となりました。もったいないなぁ。