HTPC8号機(HTPC_HD)断念!

2009/01/09

2008年11月07日
ブルーレイ(BD)やHDファイル再生用にHTPCを製作する事を決めました。
3年前、私が目指すものとはズレがあると自覚して、HTPCを止めました。
3年の間にハイビジョンが急速に普及して、現在ではBDやHD放送が普通に視聴できるようになりました。
プレイステーション3(PS3)を1台持っていれば、DVDやBDだけではなく色々な映像・音声データが再生できます。
もはや、HTPCを造ろうなどとは思いもしませんでした。

しかし、ここに大きな問題が横たわっていたのです。

それは音声。
SACDはDVD-3930でアナログで出力すればステレオもマルチも再生できます。
BDはPS3で再生できます。ただし、音声は光出力でドルビーデジタルまたはDTSまで。
高品位な規格の音声信号はHDMIからしか出力しません。
ところが、私が使用しているAVアンプ(DA-7000ES)はHDMI音声に対応していないのです。
(しかし、結果として音声に関しては、これが正解だったのかも知れませんが。)

現在の環境でBDの高品位な音声を再生したい。
しかし、アナログ出力に対応しているBDプレーヤーで納得できる物が無い。

HDMI音声に対応するにはAVアンプから買い直さなければならないが納得できるAVアンプが無いし予算も無い。

もう一つ気になるのが、HDMIで画像と音声データを一緒に送ると、どうやっても音質が劣化するらしい。
専門誌等の評論家は相当に甘い評価をしていて当てにならないらしい。
少なくともピュアオーディオと呼べる代物ではないらしい。
(以上はあくまでも詳しい人から聞いた話で、自分で確かめた訳ではありません。)

私のシステムではDA-7000ESがHDMI音声に対応していないので、HDMI信号はアンプを通さずマランツの切換器からプロジェクターに直接繋いでいて、音声信号はもっぱら光・同軸・アナログを併用しています。
この環境で、BDを再生する時はDTSかドルビーデジタルになるのですが、実はそれほど不満があった訳ではありませんでした。

しかし、これ以上に良い音でBDが再生できるなら、是非聞いてみたい。
と思い始めたら止まりません。(笑)
とうとう、HTPC_HDの製作に取り掛かりました。

それが、とんでもない事になりましたよ・・・。(泣)

2008年01月09日
今後はHTPCに手を出すのは止めます。
昔のHTPCも動作が安定するまでに苦労しましたが、HTPC_HDも正常に動作するまでかなり苦労しそうです。
音声のアナログ出力の可能性だけでHTPCを構築しましたが、やっぱり私には向いていませんでした。
だめだこりゃ。

現在の環境
映像の流れ
ソース(PS3など)→HDMIセレクター→D50(HDMI入力)

オーディオの流れ
ソース(PS3などの光・同軸)→DA7000ES→D-55等へ

解像度
1080i/60Hz
HTPC8号機の製作当初の仕様
ケース サイズ CHANT-BK マイクロATXタワー(400W電源付)
マザーボード 1・GIGABYTE GA-EG45M-DS2H Rev.1.0 Intel G45/ICH10R
2・GIGABYTE GA-EG31MF-S2 Rev.2.0 Intel G31/ICH7/rev.2.0
3・GIGABYTE GA-E7AUM-DS2H/GeForce9400
4・ASUS P5Q PRO Intel P45+ICH10R
CPU インテル Core 2 Quad Q9550 BOX
メモリ Transcend DDR2 PC2 6400 2GBx2本組(計4GB)
グラフィックボード ASUS EN9500GT OC/DI/512M (PCIExp 512MB)
サウンドボード ONKYO SE-200PCI LTD
HDD S-ATA250GB/日立デスクスター
DVD・BDドライブ 1・IODATA BRD-SH8B
2・LG GGW-H20N
OS winXPpro/sp3
DVDプレイヤー 1・BRD-SH8Bに付属のWinDVD9 fro IODATA
2・正規版 WinDVD9plus(ダウンロード版)
3・GGW-H20Nに付属のPowerDVD ultra
サイズ CHANT-BK マイクロATXタワー(400W電源付)
当初からマイクロATX仕様で製作する予定でした。
ケースも安価な普及タイプです。
400W電源が付いて7000円くらいでした。
GIGABYTE GA-EG45M-DS2H Rev.1.0 Intel G45/ICH10R
マザーボードはマイクロATXの中では新しい物を選びました。
Transcend DDR2 PC2 6400 2GBx2本組(計4GB)
4GBも必要なのか疑問でしたが多い分には良いだろうと言う事で。
インテル Core 2 Quad Q9550 BOX
CPUは余裕を考えて選びました。
ASUS EN9500GT OC/DI/512M (PCIExp 512MB)
GeForoe9500GTのオーバークロックタイプです。
HDMI端子が付いていて、変換コネクタを使わなくてもよいのでこれを選びました。
ONKYO SE-200PCI LTD
高品位な音声を期待してこれを選びました。
IODATA BRD-SH8B
LGのBH08NS20と言う製品です。
新しい規格の製品なので、出来るだけ新しい物と思って決めました。
しかし、それが裏目に出ようとは・・・。
組立に関しては変わった事は何もしていないので省略。
以上のハードにWinXP/Pro(SP3)と各種ドライバー、BDドライブ付属のWinDVD9HD(forIO-DATA)をインストール。
さっそくBDソフトを再生しようとしましたが、紙芝居の様に途切れ途切れになって正常に再生しません。
引っ掛かるなどと言う生易しいものではなく、静止画の連続です。
音声も途切れ途切れにしか再生しません。

とりあえずIODATAに症状を説明すると。
1・ドライバ類は最新か?OK
2・BDドライブはDMA転送になっているか?OK
3・常駐ソフトを全て停止して試してみたか?OK
4・CPUの使用率は?20%以下
ここら辺は以前製作したHTPCと同じですね。
とこもかく、色々と指示通りにしましたが、まったく改善しません。
WinXPにも対応していて環境は問題ないようです。
ドライバ・再生ソフト・設定等、何をどうやっても症状は変わりません。
OSからクリーンインストールしても同じ。

この先を考えると暗澹たる気持ちになって来ました。
マザーボードのチップセットIntel G45/ICH10RがBDドライブに対応していないのではないか?
と、ネットに書き込みがありました。

もしやと思い、
GIGABYTE GA-EG31MF-S2 Rev.2.0
Intel G31/ICH7/rev.2.0
と交換してみましたが、症状はまったく変わりません。
インテル以外のチップセットなら何とかなるかも。
と、ダメもとで、GIGABYTE GA-E7AUM-DS2H/GeForce9400
と交換しても、症状は同じ。
ここまでやっても、症状が改善も変化もしないのは、どう考えても変です。
プレイヤーソフトも正規のWinDVD9Plusを購入してクリーンインストールしても変わらないのです。

事の経緯をコーレル(WinDVDの販売元)に問い合せると。
「同じ環境で問題無く動作しているので、こちらの問題ではない。」と言う冷たい返事。
まぁ、あまり期待はしていなかったけど、あまりにもつれない返事だね。
再現性100%なのに、実際に検証してないですね、コーレルは。

そこで、アイオーデータに経緯を説明するとドライブを交換してくれました。
それでも症状は変わりませんでした。(予想はしていましたが)
その事をアイオーデータに言うと、
「パソコンごとチェックしたいので送ってくれないか?」との返事。
さすが日本のメーカー、原因を調べてくれると言うのだから有り難い。
さっそくパソコンを送って調べてもらいました。
アイオーデータでも同じ症状が再現したので色々チェックしたそうです。
1・BDドライブをBRD-SH6やBRD-SP8に変更しての確認。NG
2・マザーボード及びnVidiaに対して最新のドライバを適応しての確認。NG
3・アイオーデータ製グラフィックボード(GA-8400GS)に変更しての確認。NG
4・WindowsXP Pro(SP3)を新規セットアップした状態の確認。NG
つまり、何をやっても症状がでると言う事で、出た結論は「回避できない重大な相性問題」で、今のところ改善できないそうです。
アイオーデータ側ではどうしようも無いので返品対応と言う事になりました。
まぁ、ここまで対応してくれたアイオーデータには感謝しています。
帰って来たパソコンでBDを再生すると、相変わらずの紙芝居・・・。
しかし、このまま目的を果たさずに終わる訳にはいきません。
価格は約半分ですがHD-DVDの読み込みも出来るLG(またかよ)のGGW-H20Nと言うドライブを購入しました。
これは最新ではありませんが良く売れていて致命的な問題も無さそうです。
さっそく取り付けて視聴。
WinDVD9Plusを起動してBDソフトを挿入。
しばし待つも再生せず。
WinDVD9Plusを終了しようとしても反応なし。
仕方がないのでタスクマネージャーで強制終了。
もう一度試してみると、ディスクを読みに行ったままフリーズする事が分かりました。

もう、目の前真っ暗。
気を取り直して、GGW-H20Nに付属していたPowerDVDをインストールしました。
PowerDVDを起動して、BDソフトを挿入・・・。
まぁ、症状は同じだろうとタカを括っていたのですが、すんなり再生するではありませんか!

えっ!なっなんで?
WinDVDに問題があったって言う事?
もう一度BRD-SH8Bに戻してPowerDVDで再生しようとしましたが出来ません。
WinDVD9Plusで再生したら、やはり紙芝居。
試しに紙芝居のまま15分ほど再生しましたがまったく同じ。
ところが、一時停止して最初から再生するとスムーズに再生できます。
あれ?
もう一度最初に戻して再生すると、やはり正常に再生します・・・。
この時、ディスクを読みに行っていないのです。
と言う事はメモリに記憶しているデータを再生しているようなのです。

どちらにしてもBRD-SH8Bは返品するので、これ以上検証しても無意味です。
今後は環境を変えながらGGW-H20NでWinDVD9Plusが使えるようにしなければなりません。
年末にATX仕様のマザーボードを購入しました。
ASUS P5Q PRO Intel P45+ICH10R
と言う新型だけどオーソドックスなものです。
実はこの時点で、HTPC専用機を造るのは断念して、メインで使用しているパソコンをグレードアップする事にしました。
グレードアップと言っても電源以外のパーツはほぼ全て変わります。
2009/01
新しいパソコンを組み上げました。
さっそくWinDVD9Plusをインストールして再生・・・。
かっ紙芝居だぁぁぁぁ!

卒倒しそうになるのを我慢してGGW-H20Nに付属のPowerDVDをインストール。
スムーズに再生できます・・・。

消去法で考えるとWinDVDが新しいマザーボード(チップセット?)に対応してしないとしか考えられません。
「同じ環境で問題無く動作しているので、こちらの問題ではない。」だと?
怒りを通り越して笑うしかありませんね。

さんざん苦労したはずなのに性懲りも無くふたたびHTPCに手を出した天罰が下ったのでしょう。
お金と時間の浪費でした。とほほ・・・。