2005/06/07

yamasato邸OFF会

2005年5月28日
yamasatoさんちのOFF会に参加しました。
今回のメインは購入ホヤホヤのマリブと9.1サラウンドです。
しかし、モグラでスワンを鳴らす事も私の目的の一つでした。
わがまま言ってすいません。m(_ _)m

西鉄大橋駅でZolackさん を乗せて板付インターから都市高速で西へ約30分、yamasato邸に到着しました。
自動車が4台停められる広い駐車場の奥に新築の家が建っていました。
新築っていいですねぇ。
さっそくAVルームへ。
燦然と輝く120インチマリブ、貼り込み式です。
その両側にはスワンが鎮座しています。
このスワンとSANSUIのSP-G88がメインスピーカーで、気分によって聞き分けていて、サラウンドの時はスワンをデュアルセンタースピーカーとして使っているそうです。
ちょっともったいない気が・・・。
スワンはFE108ESU用のスワン105と言うタイプです。
四角いベースプレートはとんぼさん製作の物で砲金で出来ています。
リボンツイーターはマルチ駆動ではなくコンデンサーでローカットしていて、少々能率が低いようです。
もう少し主張してほしいかな。
サブウーハーはFW208Nを方チャンネル3個使用した物。
スワンは迷光対策でハイミロンのマントを羽織っています。
部屋を暗くすると見事に闇に溶け込んでスピーカーユニットの白い円だけが浮き上がります。
初めて見ると異様な雰囲気がありますね。でも、慣れるとひょうきんかな。
「ダースベイダー」だとか「メカコング」だとか「機械伯爵」なんて勝手な事を言いましたが一つ忘れていました。
ツイーターがなければ「ET」ですね。暗くすると「目玉おやじ」。(笑)
アナログアンプで聴いた感じでは、低音が若干ボンついているようです。
さっそくモグラに取り替えて聴いてみると、拙宅のD-55に繋いだ時と似たような変化でした。
中高音がクリアで滑らかになり、低音はぐっと締まって立ち上がりが良くなりました。
yamasatoさんはDA7000ESをお使いなので、それをDAC+プリアンプとして使用してモグラに繋ぎました。
視聴に先立って感性を高めるために精神統一しているブースカさん。(ウソ)(^0^)
バルコCine7。
天井にぴったり密着させればスッキリするのにと思ったら、画面との関係でここまで降ろす必要があったそうです。
プロジェクターを上げると、画面の位置も上がるそうです。なるほど。
でも、画面の位置が上がっても良いから、もう少し上げたいなぁ。
なお、6本のボルトはプロジェクターを守るためのプロテクターだそうです。(これもウソ)(^0^)
地震対策だったりして。(笑)
今回のOFF会はマリブの画像を見るのが目的ですが、イーストンも付けたままにしてあり、スプリングローラーでスルスルと降ろして簡単にスクリーンの比較が出来ます。
画面上がイーストンで下がマリブです。
フォーカス・発色・コントラスト等、どれをとってもマリブの圧勝でした。
まるで、プロジェクターをグレードアップしたかの様な改善です。
金額の差を考えれば致し方ないでしょうが・・・。
少なくとも三管プロジェクターとは相性ぴったりのようです。
アリリンさんが持ち込まれたファロージャ・・・クッ、クワドラプラー!
素のNTSC信号を4倍密に変換します。
120インチで見ても緻密で濃厚な画質です。
参加者の面々。
ブースカさん、アリリンさん、inoyukiさん、みやさん、Zolackさんです。
これにオーナーのyamasatoさんと私の7人で熱い論議を深夜まで続けました。
いまさらながら、私も含めて家族の理解無しにこんな趣味は続けられませんね。
感謝。