カートリッジ聴き比べ

2016/12

0_SideForce(トーンアーム)が思いのほか良く、カートリッジの音質差をはっきり出してくれるので、久しぶりに手持ちのカートリッジを引っ張り出して音質比較してみることにしました。

トーンアームを0_SideForceに交換すると全体の音質が向上するとともにカートリッジの音質をはっきり出すようになりました。
そこで、手持ちのカートリッジを聴き比べてみることにしました。

ちなみに写真のカートリッジキーパーはヤフオクで購入しました。
安価で作りが良く、お買い得でした。
シュアーV15TypeV
久しぶりに引っ張り出してきました。
音質を意識して購入した最初のカートリッジです。
幸い、ダンパーも大丈夫そうです。
出来るだけ条件を揃えるために、シェルを密着ヘッドシェルに交換しました。
シェルの比較試聴もしたのですが、手持ちのシェルに比べて全体的に良かったので密着ヘッドシェルに統一することにしました。
密着ヘッドシェルは自重を減らすためか、厚みがあるわりに全長が短く、カートリッジをぎりぎりまで前に取り付けないといけません。
AT-OC9/Vリミテッド

まずはメインで使用しているカートリッジ。
バランスが取れた音。
レンジが広く、見通しが良く、高解像度で押し出しも良く、音場が広い。
ジャンルを問わず良い音。
この音質を基準に各カートリッジを聴き比べてみます。
シュアーV15TypeV

説明の必要が無いほど有名なMMカートリッジ。
久しぶりに聴くと、これは癖になる楽しい音です。
元気で明るく、アタックや押し出しが良くキラキラしていて楽しい。
音像は大きめで音場はちょっと狭いし、解像度はそこそこ。
しかし、不思議にいつまでも聞いていたい楽しい魅力的な音です。

ここで針をJICOのSAS針に交換します。
あまりの変化にビックリ。
元気で明るい性格が一変、大人しくクリアな音になりました。
当初、あまりの変化に音質が悪くなったと勘違いしたのですが、レンジが広く、解像度が高く、クリアで見通しが良く、音像は小さく音場は広くなっています。
キラキラ感やアタックや押し出しはオリジナルにはかないません。
しかし、良い音質であることに変わりはありません。
V15TypeVの性格は針で造られていたのですね。
しかし、V15TypeVの音が好きな人にとって、JICOの針(SAS針)は物足りなく感じるでしょうね。
最近JICOから発売された新型SAS針(neoSAS)。
これの売りはカンチレバーがサファイア製。
写真のピンクの部分がサファイアです。

オリジナルの良さを活かしつつ、解像度や音場は旧SAS針を上まわっています。
粒立ちも押し出しも申し分ありません。
針交換の楽しさはMMならではですね。
シュアーV15TypeX

V15はTypeV、Wに続いてTypeXで事実上完結します。
TypeXはTypeVとは対照的にレンジが広く、クリアで解像度が高く美音です。
アタック音や押し出しはTypeVに一歩譲ります。

針をJICOのSAS針に交換します。
傾向はほぼ同じで、よりクリアになり音像は小さく音場は広くなりました。
これはオリジナルよりもJICOのSAS針の方が良くなりました。
TypeXの音が好きな人はJICOのSAS針は試してみる価値はありそうです。
現在はneoSASと言う新型になっていて、これは聴いたことがありません。

シュアーV15TypeVの人気が高いのが分かった気がします。
ともかく、元気で明るくアタックも押し出しも良い。
この音はTypeXには無い魅力ですね。
TypeVとTypeXのどちらか選べと言われたら迷わずTypeVを選びます。
neoSAS針にて試聴。
これはもう比較にならないくらい良い。
音質全体がランクアップしたように鮮明になりました。
解像度が高く、見通しが良く、クリアでそれぞれの楽器が混濁することなく鮮明に聞こえます。
これで値段がもう少し・・・。
デンオンDL103LCU

以前、メインで使用していたカートリッジです。
環境が変わったので当然といえば当然ですが、グレードアップしたみたいに良い音です。
音像は若干大きいですが、レンジが広く、アタック音や押し出しも良く元気な音です。
解像度や見通しは若干劣りますが普段使いには十分な性能だと思います。
デンオンDL103C1

同じDL103シリーズでもDL103LCUとは対照的に落ち着いた音です。
レンジは普通ですがナチュラルでクリア。
アタック音や押し出しはDL103LCUに一歩譲ります。
音像は大きめで細かい音が混濁気味でしょうか。
AT-ART7

初めての空芯コイル。
レンジが広く、解像度が高く、クリアで見通しが良い。
癖らしきものが無く、ナチュラル。
アタック音や押し出しは弱めで、サラリとした印象。
しかし、細かいディティールまで描き出すので小編成のクラシック等には魅力的なカートリッジです。